このブログではちょいちょい登場するLania (ラーニャ) 。石造りの可愛らしい家や石畳の道などの古い景観を残す、キプロスでも有名な美しいビレッジの一つです。


ビレッジの中心部には使われなくなったいくつかの家がミュージアムとして解放されていて、昔の生活道具やワイン・オリーブオイルを作る道具などが展示されています。


少し中心部を離れてワイン畑やアーモンドツリーの小道を歩くのもとっても気持ちが良いですよ。

「Lania ビレッジでお花見」の巻
「Lania ビレッジを散歩」の巻


先月末に友人夫婦がキプロスに遊びに来てくれた際にも、ラーニャを少しだけ案内したのですが(キッコス修道院からの帰りでもう暗くなってしまっていたのですが)、とっても気に入ってもらえたようで 「明日もラーニャ来ちゃう?」 なんて冗談を言ってました☺︎


ラーニャにはオモドスのように沢山のお店はなくて、カフェが1件にタヴェルナ(レストラン)が2件あるのみですが、その一つのタヴェルナがとても評判の良いお店で土曜日のランチタイムには村の外から大勢のゲストがやってきます。(日曜と月曜はお休み)


というわけで、無駄に長い前置きはこのへんにして、今日はラーニャの美味しいタヴェルナ、その名も "Lania Tavern" (まんま 笑) のご紹介をしたいと思います。



FullSizeRender


私達は、色んなお料理を少しずつ試せる ”メゼ” をオーダーしました。少しずつ.... と言っても一皿の量も品数も多いので、わんこ蕎麦のごとく一皿ずづ完食しようとすると後で大変なことなるので注意ですよ ☺︎


FullSizeRender
サラダ。レタス、トマト、オニオン、キュウリ、ピーマン、そしてたっぷりオレガノを振ったフェタチーズが入っています。


FullSizeRender
ディップ。ピンク色から時計周りでタラマ(タラコ)、タヒニ(白ごま)、オリーブ、ヨーグルト..... フムス(ひよこ豆)だったか? ピタブレットに付けていただきます。


FullSizeRender
ズッキーニと卵の炒め物。たっぷりのオリーブオイルで炒めますがオイルの質が良いせいか、しつこさは全くありません。私の大好物です☺︎


FullSizeRender
キプロスの伝統的なソーセージと、ハルミチーズと七面鳥のハム。ソーセージには赤ワインが入っていてとても深い味わいです。


FullSizeRender
塩気のあるアナリチーズたっぷりのマカロニ。オリーブオイルとレモン汁がたっぷりかかっています。素朴ですが止まらない美味しさです。


FullSizeRender
カリッと焼いたビレッジブレッド。自家製です。オレガノとオリーブオイル、ガーリックがかかっています。


FullSizeRender
シェフタキ。ミンチ肉、ポテト、玉ねぎなどが入ったものを油でカラッと揚げています。レモン汁がまたよく合います。


FullSizeRender
マッシュルーム。Simple is the best!


FullSizeRender
チキン。ビレッジで育ったチキンなのでとっても新鮮です。



あれ..... 写真が足らんがな。


どうやら、このあたりでお腹がいっぱいになったので、写真を撮る興味が失せたらしいです。済みません。。。。


★ 赤ワインでマリネされたポーク
これも私の大好物です。

★ チキンのスブラキ
日本で言う焼き鳥のようなスティックに刺して焼いたものです。

★ ポークのスブラキ

★ ビーフもあったっけな.......

★ フライドポテトもあったはず......


写真にないメゼのお料理はこのくらいです(苦笑)


FullSizeRender
一口デザートは、オレンジピールの入ったケーキ。
これも普通のフワッとしたケーキとは違う、キプロスならではのお菓子です。


こちらのタヴェルナでは、葡萄が採れる季節になると、ラーニャのお家で作られたシュジュコやパルゼ売られているので、ご興味のある方はお店の方に訪ねてみてください。パルゼはお土産には向きませんが、ここのシュジュコはフレッシュでとても美味しいのでおすすめです。


食事をした後、私達はラーニャの満点の星空を楽しみました。ミルキーウェイも見えますよ!これを見るためだけにビレッジに一泊しても良いと思いました。(airbnbでLaniaのお部屋を取ることができます)